【コールマン 2022年廃盤品 まとめ一覧】テント、タープ編

※本サイトはアフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。
キャンプ
画像出典:Coleman
スポンサーリンク

 

自分が使っている商品が廃盤になると切ない反面、少し嬉しくもなりませんか?

だって他の人と被る確率が今後減るから♪

 

廃盤になる理由は

  • マイナーチェンジのため
  • 機能のアップグレードのため
  • 人気がなかったため

など、商品によりさまざまです。

 

ただ、キャンプ用品の場合はパソコンやスマホなどの電子機器のように最新の商品と比べて大きく劣ってしまうことがなく、むしろ長く使うことで味が出てきたり、愛着が沸いてきます♪

結局のところ、どれだけ気に入って長く使える商品と出会えるかが大切です♪

 

この記事では2022年に廃盤になるコールマンのテント、シェードをまとめました!

元某アウトドアメーカーの社員目線で商品の特徴も紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

タフドーム/3025+

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

定価は税込み¥54,800

この商品の特徴を簡単に説明すると

  • 本体サイズは[2.7m × 2.7m × 2.5m(h)]
  • 耐水圧は[約3,000mm]
  • [ダークルームテクノロジー]により、日光を90%以上ブロックするので、真夏のアウトドアでも涼しく快適に過ごせる
  • [フレームが収束型]なので、簡単に設営が出来る

快適に寝られる人数は大人3人、または大人2人+小学生3人くらいになります。

また、大きなベンチレーション(通気口)が上下に2つあるので、室内と外の空気が循環されやすいです。

サイズも機能面も十分なスペックのテントですね♪

 

このテントがオススメな方

  • 設営、組み立てが簡単な日除けを探している
  • 自立するシェードが欲しい
  • 3~5人家族
  • 真夏でも涼しいシェードが欲しい
スポンサーリンク

タフオープン2ルームハウス

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

定価は税込み¥49,800

この商品の特徴を簡単に説明すると

  • 室内サイズは[3m × 2.5m × 1.75m(h)]
  • 耐水圧は[約2,000mm]
  • [メインポール(骨組み)がアルミ合金製]なので、軽くてかなり丈夫
  • テントの[入り口部分がリビングルーム]になる

快適に寝られる人数は大人3人、または大人2人+小学生3人くらいになります。

また、大きなベンチレーション(通気口)が上下に2つあるので、室内と外の空気が循環されやすいです。

テントの入り口部分がキャノピータープとなるので、シェードを別で用意する必要がないのが良いですね!

 

このテントがオススメな方

  • 丈夫なテントが欲しい
  • 3〜5人家族
  • テント1つでキャンプをしたい
  • キャンプ時の荷物を減らしたい
スポンサーリンク

インスタントバイザーシェード/M+

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

定価は税込み¥14,800

この商品の特徴を簡単に説明すると

  • 本体サイズは[2.7m × 2.7m × 2.5m(h)]
  • 耐水圧は[約3,000mm]
  • [ダークルームテクノロジー]により、日光を90%以上ブロックするので、真夏のアウトドアでも涼しく快適に過ごせる
  • [フレームが収束型]なので、簡単に設営が出来る

設営が簡単なのでBBQ~キャンプまで使いやすいシェードです!

また、別売りのフラップ(サイドにつけられる日除けのシート)を使うことで、雨や日差しをさらに抑えられます!

このシェードがオススメな方

  • 設営、組み立てが簡単な日除けを探している
  • 自立するシェードが欲しい
  • 3〜5人家族
  • 真夏でも涼しいシェードが欲しい

インスタントバイザーシェード/L+

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

定価は税込み¥16,800

この商品の特徴を簡単に説明すると

  • 本体サイズは[3m × 3m × 2.6m(h)]
  • 耐水圧は[約3,000mm]
  • [ダークルームテクノロジー]により、日光を90%以上ブロックするので、真夏のアウトドアでも涼しく快適に過ごせる
  • [フレームが収束型]なので、簡単に設営が出来る

設営が簡単なのでBBQ~キャンプまで使いやすいシェードです!

また、別売りのフラップ(サイドにつけられる日除けのシート)を使うことで、雨や日差しをさらに抑えられます!

このシェードがオススメな方

  • 設営、組み立てが簡単な日除けを探している
  • 自立するシェードが欲しい
  • 4人以上で使いたい方
  • 真夏でも涼しいシェードが欲しい

最後に

2022年に廃盤になるテント、シェードは以上です。

廃盤商品は定価から30%OFF以上なら買い時です!!

ただ、廃盤になる以上、生産されることはないので安くなるのを待ちすぎて、買い逃してしまわないようには気を付けましょう!

また、2022年の新商品と2021年で既存の商品とを比較した記事も作りましたので、気になる方は下のリンク先からご覧ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました