【ソロ用テントの比較】コールマン、ロゴス、スノーピークの3社で比較 第2回

※本サイトはアフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。
キャンプ
画像出典:Coleman 画像出典:snow peak 画像出典:LOGOS
スポンサーリンク

 

今回、比較するテントは

  • コールマンツーリングドーム/ST+
  • ロゴスTradcanvas ツーリングドゥーブル・SOLO-BA
  • スノーピークファル Pro.air 2

の3種類です。

 

人気メーカーの1人用のテント3メーカーでスペック比較してみました。

購入を迷われている方へ「どっちが良いか?」「どれが良いか?」「違いは?」などの疑問を解決できれば幸いです。

 

最後に各メーカーのテントごとに簡単なスペックと、レビューを含む口コミも記載しておきます。

 

この記事では『ポールの材質』、『耐水圧』、『生地の厚さ』などが出てきますが、よくわからないって方は下の記事で詳しく説明していますのでご覧ください。

スポンサーリンク

ツーリングドーム/ST+ VS Tradcanvas ツーリングドゥーブル・SOLO-BA

※上の画像の黄色に塗りつぶした箇所は比較した際に優れているスペック青色に塗りつぶした箇所は人によって優劣が異なるスペックです

  • 寝室サイズ:コールマンの方が大きい
  • 収納サイズ:コールマンの方が小さい
  • 重量:コールマンの方が軽い
  • フライシートの耐水圧:コールマンの方が高い
  • フライシートの材質:コールマンはダークルームテクノロジー

  • 本体サイズ:ロゴスの方が大きい
  • フロアの耐水圧:ロゴスの方が高い
  • フレームポールの材質:ロゴスは7001アルミ合金
  • フライシートの材質:ロゴスは難燃性バルキーポリタフタ

迷った際はどっちを選ぶ?(選ぶポイント)

定価金額がコールマンが22,800円、ロゴスが36,000円といった違いがありますが・・・

  • 寝室サイズが大きいテントが欲しい方
  • 収納サイズが小さいテントが欲しい方
  • 少しでも軽いテントが欲しい方
  • フライシートの耐水圧が高いテントが欲しい方
  • ダークルームテクノロジーで、夏のキャンプを少しでも涼しく過ごしたい方

コールマンの『ツーリングドーム/ST+を選ぶのがオススメ!

 

  • スカート付きのテントが欲しい方(雨の浸入や風の吹き込みを防ぐマッドスカート)
  • 前室が広いテントが欲しい方
  • フロアの耐水圧が高いテントが欲しい方
  • フレームポールがアルミ合金のテントが欲しい方
  • フライシートの素材が難燃性のテントが欲しい方

ロゴスの『Tradcanvas ツーリングドゥーブル・SOLO-BAを選ぶのがオススメ!

選び方と書かれたブロックとチェックリストの画像
スポンサーリンク

ツーリングドーム/ST+ VS ファル Pro.air 2

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

※上の画像の黄色に塗りつぶした箇所が比較した際に優れているスペックです

  • 本体サイズ:コールマンの方が大きい
  • フライシートの耐水圧:コールマンの方が高い
  • フライシートの材質:コールマンはダークルームテクノロジー、耐久性が高い(分厚い)
  • インナーシートの材質:コールマンの方が耐久性が高い(分厚い)
  • フロアシートの材質:コールマンの方が耐久性が高い(分厚い)

  • 寝室サイズ:スノーピークの方が大きい
  • 収納サイズ:スノーピークの方が小さい
  • 重量:スノーピークの方が軽い
  • フレームポールの材質:スノーピークはジュラルミンA7001ポール

迷った際はどっちを選ぶ?(選ぶポイント)

定価金額がコールマンが22,800円、スノーピークが66,000円といった違いがありますが・・・

  • 前室が大きいテントが欲しい方
  • フライシートの耐水圧が高いテントが欲しい方
  • 生地が丈夫(分厚い)テントが欲しい方
  • ダークルームテクノロジーで、夏のキャンプを少しでも涼しく過ごしたい方

コールマンの『ツーリングドーム/ST+を選ぶのがオススメ!

 

  • 寝室サイズが大きいテントが欲しい方
  • フレームポールがジュラルミンA7001ポールのテントが欲しい方
  • 収納サイズが小さいテントが欲しい方
  • 軽量なテントが欲しい方

スノーピークの『ファル Pro.air 2を選ぶのがオススメ!

選び方と書かれたホワイトボードと人形の画像
スポンサーリンク

Tradcanvas ツーリングドゥーブル・SOLO-BA VS ファル Pro.air 2

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

※上の画像の黄色に塗りつぶした箇所が、比較した際に優れているスペックです

  • 本体サイズ:ロゴスの方が大きい
  • フライシートの耐水圧:ロゴスの方が高い
  • フロアの耐水圧:ロゴスの方が高い
  • フライシートの材質:ロゴスは難燃性バルキーポリタフタ

  • 寝室サイズ:スノーピークの方が大きい
  • 収納サイズ:スノーピークの方が小さい
  • 重量:スノーピークの方が軽い

迷った際はどっちを選ぶ?(選ぶポイント)

定価金額がロゴスが36,000円、スノーピークが66,000円といった違いがありますが・・・

  • スカート付きのテントが欲しい方(雨の浸入や風の吹き込みを防ぐマッドスカート)
  • 前室が大きいテントが欲しい方
  • 耐水圧が高いテントが欲しい方
  • フライシートの素材が難燃性のテントが欲しい方

ロゴスの『Tradcanvas ツーリングドゥーブル・SOLO-BAを選ぶのがオススメ!

 

  • 寝室サイズが大きいテントが欲しい方
  • 収納サイズが小さいテントが欲しい方
  • 軽量なテントが欲しい方

スノーピークの『ファル Pro.air 2を選ぶのがオススメ!

選び方と書かれた吹き出しとそれを指差す手の画像

今回比較したテントのスペックとみんなの評価

コールマン『ツーリングドーム/ST+』

このテントの定員、スペックは

  • 定員は[約1〜2人
  • 本体サイズは[約2.65m × 2.1m × 1.1m(h)
  • 寝室サイズは[約2.1m × 1.2m × 1m(h)
  • フライシートの耐水圧は[約3,000mm
  • フロアシートの耐水圧は[約1,500mm
  • 重量は[約4.3kg
  • ポール(メイン/フロント/リア)の材質は[FRP

※このテントは下の記事で詳しく紹介しています。

  • ダークルームめっちゃ涼しい
  • 簡単に組み立てができて、多少の風でも問題なし
  • 朝になっても気付かないくらい遮光性が高い

ロゴス『Tradcanvas ツーリングドゥーブル・SOLO-BA』

このテントのスペックは

  • 定員は[約1〜2人
  • 本体サイズは[約2.9m × 2.1m × 1.23m(h)
  • 寝室サイズは[約2.1m × 1m × 1.15m(h)
  • フライシートの耐水圧は[約2,000mm
  • フロアシートの耐水圧は[約3,000mm
  • 重量は[約4.7kg
  • フレームポールの材質は[7001アルミ合金
  • 前室が大きく、1人では余裕を持って使える
  • 生地が薄いのか、遮光性が低い
  • 比較的コンパクトで、軽いので、ツーリングキャンパーにはオススメ

スノーピーク『ファル Pro.air 2』

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

このテントのスペックは

  • 定員は[約1〜2人
  • 本体サイズは[約2.45m × 1.43m × 1.1m(h)
  • 寝室サイズは[約2.1m × 1.3m × 1m(h)
  • フライシートの耐水圧は[約1,500mmミニマム
  • フロアシートの耐水圧は[約1,500mmミニマム
  • 重量は[約1.71kg
  • フレームポールの材質は[ジュラルミンA7001
  • コンパクトなので、ザックに入れても余裕がある
  • メッシュ部分が少なく、ベンチレーションが1箇所なので、夏はかなり暑い
  • 山岳用として使うのに最適(穴が空きやすいので、対策が必要)

 

他にもいろいろなメーカーで製品比較していますので、気になった方は下のリンク先からご覧ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました