【ソロ向きテントの比較②】 コールマン『ツーリングドーム/ST+』、ロゴス『Tradcanvas ツーリングドゥーブル・SOLO-BA』、スノーピーク『ファル Pro.air 2』 テントを3社ブランド比較

※本サイトはアフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。
キャンプ
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

今回比較するテントのスペック

コールマン『ツーリングドーム/ST+』

 

このテントの定員、スペックは

  • 定員は[約1〜2人
  • 本体サイズは[約2.65m × 2.1m × 1.1m(h)
  • 寝室サイズは[約2.1m × 1.2m × 1m(h)
  • フライシートの耐水圧は[約3,000mm
  • フロアシートの耐水圧は[約1,500mm
  • 重量は[約4.3kg
  • ポール(メイン/フロント/リア)の材質は[FRP

 

※このテントは下の記事で詳しく紹介しています。

 


 

ロゴス『Tradcanvas ツーリングドゥーブル・SOLO-BA』

 

このテントのスペックは

  • 定員は[約1〜2人
  • 本体サイズは[約2.9m × 2.1m × 1.23m(h)
  • 寝室サイズは[約2.1m × 1m × 1.15m(h)
  • フライシートの耐水圧は[約2,000mm
  • フロアシートの耐水圧は[約3,000mm
  • 重量は[約4.7kg
  • フレームポールの材質は[7001アルミ合金

 


 

スノーピーク『ファル Pro.air 2』

 

このテントのスペックは

  • 定員は[約1〜2人
  • 本体サイズは[約2.45m × 1.43m × 1.1m(h)
  • 寝室サイズは[約2.1m × 1.3m × 1m(h)
  • フライシートの耐水圧は[約1,500mmミニマム
  • フロアシートの耐水圧は[約1,500mmミニマム
  • 重量は[約1.71kg
  • フレームポールの材質は[ジュラルミンA7001

 

スポンサーリンク

ツーリングドーム/ST+ VS Tradcanvas ツーリングドゥーブル・SOLO-BA

 

※上の画像の黄色に塗りつぶした箇所は比較した際に優れているスペック青色に塗りつぶした箇所は人によって優劣が異なるスペックです

 

  • 寝室サイズ:コールマンの方が大きい
  • 収納サイズ:コールマンの方が小さい
  • 重量:コールマンの方が軽い
  • フライシートの耐水圧:コールマンの方が高い
  • フライシートの材質:コールマンはダークルームテクノロジー

 

  • 本体サイズ:ロゴスの方が大きい
  • フロアの耐水圧:ロゴスの方が高い
  • フレームポールの材質:ロゴスは7001アルミ合金
  • フライシートの材質:ロゴスは難燃性バルキーポリタフタ

 

迷った際はどっちを選ぶ?(選ぶポイント)

定価金額がコールマンが22,800円、ロゴスが36,000円といった違いがありますが・・・

  • 寝室サイズが大きいテントが欲しい方
  • 収納サイズが小さいテントが欲しい方
  • 少しでも軽いテントが欲しい方
  • フライシートの耐水圧が高いテントが欲しい方
  • ダークルームテクノロジーで、夏のキャンプを少しでも涼しく過ごしたい方

コールマンの『ツーリングドーム/ST+を選ぶのがオススメ!

 

  • スカート付きのテントが欲しい方(雨の浸入や風の吹き込みを防ぐマッドスカート)
  • 前室が広いテントが欲しい方
  • フロアの耐水圧が高いテントが欲しい方
  • フレームポールがアルミ合金のテントが欲しい方
  • フライシートの素材が難燃性のテントが欲しい方

ロゴスの『Tradcanvas ツーリングドゥーブル・SOLO-BAを選ぶのがオススメ!

 

スポンサーリンク

ツーリングドーム/ST+ VS ファル Pro.air 2

 

※上の画像の黄色に塗りつぶした箇所が比較した際に優れているスペックです

 

  • 本体サイズ:コールマンの方が大きい
  • フライシートの耐水圧:コールマンの方が高い
  • フライシートの材質:コールマンはダークルームテクノロジー、耐久性が高い(分厚い)
  • インナーシートの材質:コールマンの方が耐久性が高い(分厚い)
  • フロアシートの材質:コールマンの方が耐久性が高い(分厚い)

 

  • 寝室サイズ:スノーピークの方が大きい
  • 収納サイズ:スノーピークの方が小さい
  • 重量:スノーピークの方が軽い
  • フレームポールの材質:スノーピークはジュラルミンA7001ポール

 

迷った際はどっちを選ぶ?(選ぶポイント)

定価金額がコールマンが22,800円、スノーピークが66,000円といった違いがありますが・・・

  • 前室が大きいテントが欲しい方
  • フライシートの耐水圧が高いテントが欲しい方
  • 生地が丈夫(分厚い)テントが欲しい方
  • ダークルームテクノロジーで、夏のキャンプを少しでも涼しく過ごしたい方

コールマンの『ツーリングドーム/ST+を選ぶのがオススメ!

 

  • 寝室サイズが大きいテントが欲しい方
  • フレームポールがジュラルミンA7001ポールのテントが欲しい方
  • 収納サイズが小さいテントが欲しい方
  • 軽量なテントが欲しい方

スノーピークの『ファル Pro.air 2を選ぶのがオススメ!

 

Tradcanvas ツーリングドゥーブル・SOLO-BA VS ファル Pro.air 2

 

※上の画像の黄色に塗りつぶした箇所が、比較した際に優れているスペックです

 

  • 本体サイズ:ロゴスの方が大きい
  • フライシートの耐水圧:ロゴスの方が高い
  • フロアの耐水圧:ロゴスの方が高い
  • フライシートの材質:ロゴスは難燃性バルキーポリタフタ

 

  • 寝室サイズ:スノーピークの方が大きい
  • 収納サイズ:スノーピークの方が小さい
  • 重量:スノーピークの方が軽い

 

迷った際はどっちを選ぶ?(選ぶポイント)

定価金額がロゴスが36,000円、スノーピークが66,000円といった違いがありますが・・・

  • スカート付きのテントが欲しい方(雨の浸入や風の吹き込みを防ぐマッドスカート)
  • 前室が大きいテントが欲しい方
  • 耐水圧が高いテントが欲しい方
  • フライシートの素材が難燃性のテントが欲しい方

ロゴスの『Tradcanvas ツーリングドゥーブル・SOLO-BAを選ぶのがオススメ!

 

  • 寝室サイズが大きいテントが欲しい方
  • 収納サイズが小さいテントが欲しい方
  • 軽量なテントが欲しい方

スノーピークの『ファル Pro.air 2を選ぶのがオススメ!

 

他の商品の比較

メーカー別で他の商品も比較していますので、気になった方は下のリンク先からご覧ください。

 

 

YouTubeで

釣り、キャンプ動画

ゲーム実況

の動画を公開してますので、『チャンネル登録・グッドボタン』していただけると喜びます!

Twitter

Instagram

のフォローもしていただけると嬉しいです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました