コールマン『タフスクリーン2ルームハウス/LDX+』の評価(良いところ、悪いところ、MDX+との比較)

※本サイトはアフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。
キャンプ
画像出典:COLEMAN
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

このテントの良いところ、悪いところ

良いところ(メリット)

  • テント内を涼しくするための機能に特化(ダークルームテクノロジー採用)
  • 1人でも設営できるアシストクリップ採用
  • ルーフフライシートが標準装備で、日光による劣化防止、遮光と耐水に優れている

悪いところ(デメリット)

  • 同等サイズの2ルームテントと比べて重い
  • 冬のキャンプには向いていない(寝室側にスカートがない、ダークルームテクノロジーが仇となる)

 

スポンサーリンク

タフスクリーン2ルームハウス/MDX+との違いは

  • 定価の値段:10,000円差(廃盤のため、2022年の定価金額で計算)
  • 本体サイズ:[縦が約50cm、横が約25cm、高さが約5cm]LDX+が大きい
  • インナーサイズ:[高さが約10cm]LDXが高い

夫婦、カップル、3人家族で使用する場合は『タフスクリーン2ルームハウス/MDX+』でも大きいくらいですが、4人家族、5人家族で使用する場合は、今後の子供の成長などを考慮して『タフスクリーン2ルームハウス/LDX+』も候補に入れてみてください。

はてなが乗った天秤の画像
スポンサーリンク

タフスクリーン2ルームハウス/LDX+の紹介

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

※ショップリンクは記事更新時点で最安値の店を選んでいます

このテントのスペック

  • 定員は[約4〜5人
  • 本体サイズは[約6.1m × 3.65m × 2.2m(h)
  • 寝室サイズは[約3m × 2.5m × 1.85m(h)
  • フライシート(寝室)、ルーフフライの耐水圧は[約3,000mm
  • フライシート(リビング)、フロアシートの耐水圧は[約2,000mm
  • 重量は[約20kg
  • ポール(リビング/寝室/リッジ)の材質は[アルミ合金
  • キャノピーポールは[スチール

このテントに合うマット、グランドシート

テントシートセット(3025)

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

このテントがオススメな方

  • 4〜5人家族のファミリー
  • 虫が苦手な方
  • 広々した居住空間が欲しい方
  • キャンプ時に必ずタープを使う方
  • 夏のキャンプを出来るだけ快適に(涼しく)過ごしたい方
  • 夏にキャンプへ行かれる方(寒い時期にはキャンプへ行かない方)

夏にキャンプへ行かれる方(寒い時期にはキャンプへ行かない方)の理由は下の記事で紹介してます。

 

このテントは初心者からベテランキャンパーまでオススメな2ルームテントです。

寝室サイズ大人2人、子供3人までなら寝られるくらいの大きさです。

リビングサイズはインナーテントを付けた状態だと『フォールディングリビングテーブル 120』と『ツーウェイキャプテンチェア』×6脚くらいを置いても少しスペースが余る程度です。

 

インナーテントを外せば、大型のリビングとして使えるので、大人数でデイキャンプを楽しむこともできます。

また、シェルターテントとしても使えるので、カンガルースタイルコット寝も可能です!

吊り下げ式という、フライシート(外枠)を立てから、その中にインナーテントを吊り下げる方法で設営するので、テントを簡単に取り外しできます

石で作った竈門を囲む大勢の人の画像

 

ここまでポールの材質』、『耐水圧』、『ダークルームテクノロジーなどが出てきましたが、よくわからないって方は下の記事で詳しく説明していますのでご覧ください。

また、元キャンプメーカー社員がお伝えするテント、タープを長持ちさせる方法3選もオススメの記事なのでご覧ください。

口コミ

その他にも

  • ベンチレーションを使わなくても快適に過ごせた
  • 7月のキャンプ時、ファンなしでも朝まで快適に過ごせた
  • 子供の虫刺され、嫁の虫嫌い、朝の日差しが解消された

などのレビューが見られました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました