コールマン『ツーリングドーム/LX+』の評価(通常モデルとの比較、良いところ、悪いところ)

※本サイトはアフィリエイト・アドセンス広告を利用しています。
キャンプ
画像出典:COLEMAN
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

このテントの良いところ、悪いところ

良いところ(メリット)

  • スペック(耐水圧、テントサイズ)の割に値段が安い
  • ベンチレーションがあるので通気性が良い
  • 前室がある
  • 1人で設営しやすい構造
  • ダークルームテクノロジーで、夏のキャンプを涼しく過ごせる
  • 遮光性が高く、朝の日差しが気にならない

悪いところ(デメリット)

  • 収納サイズが大きい
  • 重量が大きい
  • フレームがFRP素材
  • 冬のキャンプには向いていない(スカートがない、ダークルームテクノロジーが仇となる)
三段階の評価を顔で表した画像

 

スポンサーリンク

『ツーリングドーム/LX』との違いは

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

主な違いは

『ツーリングドーム/LX+』『ツーリングドーム/LX』と比べて

  • シート生地が[ダークルームテクノロジー]を採用
  • フライシートの耐水圧が[約3,000mm
  • クリアルーフウィンドウ]付き
スポンサーリンク

ツーリングドーム/LX+の紹介

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

このテントのスペック

  • 定員は[約2〜3人
  • 本体サイズは[約3.45m × 2.1m × 1.2m(h)
  • 寝室サイズは[約2.1m × 1.8m × 1.1m(h)
  • フライシートの耐水圧は[約3,000mm
  • フロアシートの耐水圧は[約1,500mm
  • 重量は[約5.7kg
  • ポール(メイン/フロント/リア)の材質は[FRP

このテントに合うグランドシート、軽量化できるオプション品

グランドシート/210W


アルミポールセット/LX

このテントがオススメな方、使い勝手

  • 少ない予算でソロ・デュオキャンプを始めたい方
  • 車、バイクでソロ・デュオキャンプへ行かれる方(それほど重さを気にしない方)
  • 前室があるテントが欲しい方
  • 暖かい時期のみキャンプへ行く方
  • 通気性の良いソロ・デュオテントが欲しい方
  • 夏でも涼しいテントが欲しい方

 

このテントはソロ・デュオキャンプを始めたいけど、少ない予算である程度のスペックがあるテントが欲しい方にオススメです!

寝室サイズは大人2人までなら寝られるくらいの大きさです。

 

前室サイズは[約2.1m × 1.1m](台形型)

ただ、入口を閉めた状態ではコンパクト フォールディングチェア』、コンパクトアルミテーブルペグテーブル程度しか置けません。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す
地面から撮影されたツーリングテントの画像

 

しかし、別売りのスチールキャノピーポールセット/145を使うことで、入口を立ち上げてスペースを広げることができます。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す
夏のキャンプ場に設営されたツーリングテントの画像

 

とは言っても、もっと広々したスペースが欲しい方もおられると思います。

また、雨天のキャンプでキャノピーを立ち上げてると、雨がテントの入り口まで吹き込んできます。

そんな時には収納サイズがコンパクトなヘキサタープヘキサライト+を合わせて使うことをオススメします。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

 

ここまでポールの材質』、『耐水圧』、『ダークルームテクノロジーなどが出てきましたが、よくわからないって方は下の記事で詳しく説明していますのでご覧ください。

また、元キャンプメーカー社員がお伝えするテント、タープを長持ちさせる方法3選もオススメの記事なのでご覧ください。

口コミ

その他にも

  • ダークルームめっちゃ涼しい
  • 簡単に組み立てができて、多少の風でも問題なし
  • 朝になっても気付かないくらい遮光性が高い
  • ダークルームテクノロジーのおかげで驚くほど快適
  • 重いのが難点

などの意見が見られました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました